マーナ検査.jp ロゴ
遺伝子の働きから早期にがん・病気を予測

がんmRNA発現解析検査

HOME | がんmRNA発現解析検査

PURPOSE

がんmRNA発現解析検査の目的

がんmRNA発現解析検査は、現在の遺伝子の働きを予測し、がんのリスクを予測して把握するための検査です。がんは急に発症するわけではなく、5~20年かけて体内で大きくなり発症します。そうなる前に、各個人に応じた健康対策をとり、がんの発症リスクを下げるようサポートすることがとても重要です。
がんmRNA発現解析検査を受けることにより、がんの可能性を予測し、できる限りの生活改善、健康対策を行うことで、がんの発症を防ぎたい。それが、私たちGSC Japanの願いです。


LEARN

がんmRNA検査でわかること

がんmRNA発現解析検査を受けていれば、現在の遺伝子の働きから、がんのリスクを超早期に予測することができます。これにより、各部位のがんのリスクを詳細に把握することが可能となり、発症前の段階で、対応策を講じることができます。
 

 男女共通のがん

 肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、胆道がん

 女性の場合

 乳がん、子宮がん、卵巣がん

 男性の場合

 前立腺がん


がんmRNA検査では、がん関連遺伝子の活性状態を確認します。がん関連遺伝子の活性状態は、「健常」「標準」「やや注意」「注意」「警告」の5段階で表示されるので、どのようながんのリスクが高いのか、把握することが可能となります。

がんmRNA発現解析検査を受けるメリット/他検査との違い

がんmRNA発現解析検査を受けるメリット/他検査との違い

がんmRNA発現解析検査をお受け頂き、それぞれのがんのリスクがわかったら、事前に対処することが可能です。もっとも危険な「警告」ゾーンの方でも、対策は可能です。

がんmRNA発現解析検査によって、救われる命があります。

この検査が普及すると、日本人のがんによる死亡率を低下させることも可能となります。

がんmRNA発現解析検査と通常のDNA検査の違い


がんmRNA発現解析検査は、DNA検査とは全く異なります。DNA検査は、人が持って生まれた遺伝子を検査するものです。DNA検査でわかった体質は、生活習慣や治療によっては変えることができません。DNA検査の結果は、基本的に一生変化しないものです。
これに対し、がんmRNA発現解析検査は、「現在の遺伝子の状態」を確認する検査です。遺伝子の状態は、日々刻々と変化するため、結果により、状態を改善することが可能です。時間を空けて再度検査を受けることによって、改善した結果を確認することも可能です。

 

CT画像診断とがんmRNA発現解析検査の違い


がんmRNA発現解析検査は、CT 画像診断とは異なります。 CT画像診断は、体内である程度の大きさになったがんを発見する検査です。 しかし、撮影方法や見方により、見逃されてしまうこともあります。
これに対し、がんmRNA発現解析検査は、「できる前のがんのリスク」を予測する検査です。がんになる前にリスクを把握できるので、可能な限りがんにならないための対処方法が可能となります。

 

FUTURE

自分の身体は自分で守るセルフメディケーション

がんmRNA 発現解析検査は、がんのリスクを予測するための検査です。これにより従来、画像に写ってからしか開始できなかった治療が、そうなる前に生活習慣を改善し、いつまでも健康でいられるためのサポートを行います。

がんが心配な方
元気で長生きしたい方
現在の病気のリスクを確認したい方

などをはじめ、みなさまも是非受診してください。

お問い合わせ先

まずは、私たち 「GSC Japan(ゲノム・サポート・コミュニケーションズ)」や全国の代理店まで、お気軽にご相談下さい。丁寧にわかりやすく、マーナ検査について、ご説明させていただきます。気になる点や疑問点、ご希望内容がございましたら、ご遠慮なくお伝え下さい。検査をご希望される場合、お近くの受診医療機関をご紹介させて頂きます。
 

パートナー募集のご案内
GSC Japan ゲノム・サポート・コミュニケーションズ

TEL 03-6265-4817
e-mail. support@mrnacheck.jp
受付時間 月-金 10:00-18:00