がん予防

「がんmRNA発現解析検査」遺伝子の働きから早期にがん・病気を予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「がんmRNA発現解析検査」遺伝子レベルで早期にガン・病気を予防する

●がんmRNA発現解析検査の目的
がんmRNA発現解析検査は、現在の遺伝子の状態を解析し、がんのリスクを予測して把握するための検査です。がんは急に発症するわけではなく、5~20年かけて体内で大きくなり発症します。そうなる前に、各個人に応じた予防策をとり、可能な限り発症させないようにサポートすることがとても重要です。
がんmRNA発現解析検査を受けることにより、予防できるがんを可能な限り防ぎたい。それが、私たちGSC Japanの願いです。

●がんmRNA検査でわかること
がんmRNA発現解析検査を受けていれば、「現在のがん関連遺伝子の状態」が把握できます。これにより、各部位のがんのリスクを詳細に把握することが可能となり、発症前の段階から事前に予防対策をとることができます。

▼がんmRNA発現解析検査の詳しい説明はこちらから

▼がんmRNA発現解析検査のお申し込みはこちらから

コメントを残す

*