がん予防

乳がん患者が増加中!!真剣にがん予防、考えてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乳がん

日本では、乳がんにかかる女性が増えてきています。

乳がんにかかる女性は30歳代から増加し始め、

40歳代後半から50歳代前半がピークとなっております。

増加と同様、乳がんによる死亡率も年々増加傾向にあります。

昨年2017年のがん罹患数予測では、

乳がんにかかる女性は約9万人、

死亡者数は1万4千人と予測されています

つまり11人に1人の割合となるといわれています。
(引用元:2017年のがん統計予測)

 

元SKE48でタレントの矢方美紀(25)さんの

乳がんニュースが飛び込んできました。

 

彼女は、たまたまテレビで乳がんの特集をみて、

自分もチェックしてみたら、左の胸に“しこり”があったとのことです。

本人も乳がんというのは、

小林麻央さんが亡くなった病気ということしか知らなかったそうです。

20代で

まさか自分ががんになるとは思ってもいないし

自覚症状もないし、

本当に私が乳がん?と

思っていたそうです。

決意して病院を訪れて

検査をした結果

乳がんを宣告されたそうです。

 

乳がん予防

20代の女性がこれからって時に宣告を受けるって

とても受け入れられないですよね。

左乳房全摘を決断するには

20代にはかなり大きな決断と思います。

 

手術なしで治療をする方法もあったとのことですが、

再発率や将来を考え

全摘を決断したそうです。

全摘を決断した理由は再建ができることを知ったのと

多くの方が前向きにされていることを知ったそうです。

 

20代の女性には重すぎる試練を経験し、

前だけを見つめて歩き出した姿は、カッコいいですね!!

乳がんは早期発見できれば治療で完治できるが、

発見が遅くなれば乳房の切除や死に至るなど

油断できない病気です。

しかも

女性がかかるがんの中で最も多いとされています ∑q|゚Д゚|pワオォ!!

 

先日、ヤフーを見ていたら

面白い記事を見つけました。

 

乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発

日本にも進出か

乳がん見つける“IoTブラジャー”

なんと、この青年は13歳のころ、

母親が乳がんにかかったのがきっかけで開発したそうです。

 

彼が実用化を目指し開発している画期的なプロダクトとは、

乳がん発見ブラジャー「EVA」。

 

1週間に1度、1時間着用するだけで乳がんの早期発見につながるという夢のようなブラ。

自覚症状がほとんどない乳がんの初期症状を検出するそうです。

 

それでも、やはり、早期発見なんですよね!!

 

早期発見⇒治療ではなく

 

もっと前の

『前』を調べて、

現在の『リスク』を調べないと

安心できないですよね。

 

しこりができてからではなく、

もし、自分の今のがんの状態を知ることができたら

どうでしょうか?

 

がんは生活習慣を改善することによって

がんになるリスクを減らすことができるんです。

がんになるかもと思いながら生活するより

リスクを知って

いつまでも

長く健康でいられたほうが楽しく生活できますよね!!

 

がんになるまで待ちますか?

がんになったら、しょうがないって思いますか?

 

がんになったら

過酷な抗がん剤治療や放射線で体力を失われ

毎日病院のベットから外を眺めますか?

どちらを選びますか?

 

乳がんに限らずがんにならない為の

検査があったら

受けてみたいと思いませんか?

コメントを残す

*