マーナ検査.jp ロゴ
誰もが望む「健康長寿」を支援、個人にあった健康法を理解する

長寿遺伝子検査

HOME | 長寿遺伝子検査

PURPOSE

長寿遺伝子検査の目的

人間の体内には、もともと「サーチュイン遺伝子」という「長寿遺伝子」が存在しています。
長寿遺伝子は、老化を防止する作用を持っており、この長寿遺伝子が活性していると、近年の研究により様々な疾病のリスクを下げると言われています。反対に、活性化していない場合は、老化のスピードをコントロールできていない状態と考えられています。
 
長寿遺伝子検査は、長寿遺伝子の一つである(SIRT1)の発現量を数値化すること で、今まで確認することのできなかった現在の健康度合を予測することができます。そして、結果に応じた対処方法を実践することにより、生活習慣を効果的に改善していくことを目的としています。


EFFECT

サーチュイン遺伝子の3つの働き

サーチュイン遺伝子は以下の3つの働きを司っており、遺伝子を活性化させることができれば、これまでとは全く異なる健康的な人生が待っています。

 
サーチュイン遺伝子の3つの働き

染色体「テロメア」組織の保護

染色体「テロメア」組織の保護

サーチュイン遺伝子は、染色体にある「テロメア」という組織を保護する作用を持っています。テロメアは、細胞が生きるのに必要な組織で、消滅すると、細胞そのものが死滅してしまいます。そこで、サーチュイン遺伝子を活性化させることにより、テロメアを保護します。

老化作用を持つ活性酸素除去

老化作用を持つ活性酸素除去

サーチュイン遺伝子には、活性酸素を除去する作用があります。活性酸素は、人間の細胞を老化させる作用を持ち、”人の細胞をサビさせるようなもの”とイメージすればわかりやすいでしょう。老化やサビが起こると、人の細胞はがん化しやすくなります。サーチュイン遺伝子を活性化することで、この活性酸素を除去する体質へと改善します。

動脈硬化など重病リスクの緩和

動脈硬化など重病リスクの緩和

長寿遺伝子の働きは、生活習慣病も予防する働きを持っていると言われています。長寿遺伝子の働きで、動脈硬化や糖尿病の予防ができるという研究発表も報告されています。

長寿遺伝子検査を受けるメリット/活性化の方法

長寿遺伝子検査を受けるメリット/活性化の方法

長寿遺伝子検査を受けると、体内の、現在におけるサーチュイン遺伝子の状態を把握することができます。
サーチュイン遺伝子の状態は日々刻々と変わるので、沈静状態になっている場合には、以下のような方法で生活習慣を改善することにより、活性化させることが可能です。 また、細胞の老化を防ぐことに繋がるので、高いアンチエイジング効果も期待できます。

カロリーカット


GSC Japanでは、栄養バランスが採れた腹七分目が食事の指標となります。

 

軽い運動


ウォーキングやラジオ体操、踏み台昇降運動などを継続して行いましょう。

 

睡眠確保


23時に就寝し、6時に起床する生活が理想です。時間を意識した毎日を。

 

サプリメント


食事では摂取できない成分を積極的にサプリメントで補助することも可能です。

 

FUTURE

長寿遺伝子検査を受けた後、どうすればいいのか

長寿遺伝子を受けたら、その結果に応じた改善方法を実践していきましょう。
具体的な方法については、GSC Japanのアフターサポートがありますので、お気軽にご相談下さい。
継続的に長寿遺伝子検査をお受けいただいたら、どの程度体質改善したかがわかるので、モチベーションのアップにもつながります。
あなたも「長寿遺伝子検査」を日常生活に取り入れて、毎日の生活を、健康的にブラッシュアップしてみませんか?
 

お問い合わせ先

まずは、私たち 「GSC Japan(ゲノム・サポート・コミュニケーションズ)」や全国の代理店まで、お気軽にご相談下さい。丁寧にわかりやすく、マーナ検査について、ご説明させていただきます。気になる点や疑問点、ご希望内容がございましたら、ご遠慮なくお伝え下さい。検査をご希望される場合、お近くの受診医療機関をご紹介させて頂きます。
 

パートナー募集のご案内
GSC Japan ゲノム・サポート・コミュニケーションズ

TEL 03-6265-4817
e-mail. support@mrnacheck.jp
受付時間 月-金 10:00-18:00